大学院紹介イメージ写真
HOME > 大学院紹介 > 学修成果に対する評価の方針(アセスメント・ポリシー)

学修成果に対する評価の方針(アセスメント・ポリシー)

 本学では、教育の成果を可視化し教育改善を恒常的に実施する目的で、3つのポリシーに則した評価指標を作成し、それに基づいて学生の学修成果を測定・評価します。測定・評価は、学生の入学時から修了後までを視野に入れ、機関レベル(大学)・教育課程レベル(修士課程)・科目レベル(個々の授業)の3つのレベルにおいて行うこととし、以下のような指標を配置します。


1. 機関レベル

 大学が掲げる教育目標並びに修士課程で掲げるディプロマ・ポリシーの学修到達目標が達成されているかを評価し、大学の現状把握、全学的な教育改革・改善、学生の学修支援・生活支援等の改善に活用します。


入学時:入学試験結果、基礎学力調査

在学中:休学率、退学率

修了時:学位授与数、修了時アンケート、進路状況(就職率・進学率)

修了後:修了生への聞き取り、離職率、就職先調査、学会発表、学術雑誌への掲載


2. 教育課程レベル

 修士課程が掲げるディプロマ・ポリシーの学修到達目標が達成されているか、学修到達目標が達成されるカリキュラム編成になっているかを評価し、カリキュラムの効果について検証します。


在学中:修得単位数

修了時:修了率、国家試験合格率、CNSの合格率


3. 科目レベル

 カリキュラム・ポリシーに基づいた授業計画になっているかを評価します。


在学中:授業評価アンケート、科目ごとの成績評価

修了時:特別研究・課題研究の評価