日本赤十字北海道看護大学

看護開発センター

看護開発センター

学校連携出前講座

令和4年度学校連携出前講座を以下の内容で実施します。

趣旨

日本赤十字北海道看護大学看護開発センターでは、小学生・中学生・高校生の皆様に「看護」の魅力を感じていただくために、「学校連携出前講座」を実施します。
本大学の教員の専門性を踏まえて、多彩な講演テーマを用意しております。児童・生徒の皆様の視野を広げるきっかけとしてご活用ください。

実施対象

オホーツク総合振興局管内にあり大学から日帰りが可能な地域にある小学校・中学校・高等学校が対象です。

講演テーマ

「看護」を中心に多彩な講演テーマを用意しています。詳しくは学校連携出前講座一覧表をご覧ください。
※掲載内容以外をご希望の場合は、別の取扱いになりますので、別途ご相談ください。

※市町村の公的機関、その他各種団体などからのお申し込みは、本大学看護開発センター「出前公開講座」をご利用ください。

実施要件

  • ①「日本赤十字北海道看護大学の学校連携出前講座を利用している」ことを受講者の皆様にお知らせください。
  • ②実施の様子を写真に3枚程度撮影し、本大学にご提出くださいますようご協力願います。写真は本大学広報に使用します。写真提出が難しい場合は、本大学の学校連携出前講座担当にご相談下さい。
  • ③新型コロナウイルスの感染防止のため以下のことを実施してください。
    • ○いわゆる「3つの密」である「密閉空間」・「密集場所」・「密接場面」を回避してください。
    • ○受講者に「不織布マスクなどの着用」と「手指の消毒」を徹底し、実施会場を「こまめに換気」してください。
    • ○発熱や咳があるなど体調の悪い方には、受講を控えていただくようご配慮ください。
  • ④実施日が以下の状況になった場合、実施を中止することがありますのでご了承ください。
    • ○緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象期間になった場合
    • ○新型コロナウイルスの感染の拡大が危惧される場合

実施方法

  • ①実施希望日の「2カ月」前までに申し込んでください。
  • ②随時、お申し込みの後、本大学で講演者を派遣することが可能かどうかを判断します。
    派遣することになりましたら、 講演者から日程調整の連絡をいたします。
    大学行事等の他、 新型コロナウイルス感染症の状況により、ご希望に添えない場合があることをご了承ください。
  • ③講師料・旅費は不要です。
  • ④会場経費 : 会場使用に係る経費(機材等の経費を含む)はご負担ください。
  • ⑤本大学では、遠隔(リモート)で学校連携出前講座を実施できるようWEB会議のアプリ(ZOOM)を準備しています。実施対象はオホーツク総合振興局管内となります。遠隔(リモート)での実施を希望する場合は、本大学学校連携出前講座担当にご相談ください。

開催時の留意事項

  • ①開催案内およびリーフレットなどの配付資料に、「この講演会は、日本赤十字北海道看護大学の学校連携出前講座を利用しています。」とご明記ください。
  • ②開催案内などの配付資料を作成し、必ず提出してください。
  • ③遠隔(リモート)で実施する場合、必要機材は依頼者様に準備をお願いいたします。
  • ④開催時に、日本赤十字北海道看護大学の学校連携出前講座である旨を受講生にお伝えください。
  • ⑤実施の様子を写真に3枚程度撮影し、本大学にご提出くださいますようご協力願います。
  • ⑥実績公開のために、実施依頼のあった学校名を公開いたしますことをご了承ください。
  • ⑦実施後、実施報告書を郵送またはFAX・メール送信にてご提出ください。

【提出先】
〒090-0011北海道北見市曙町664番地1
日本赤十字北海道看護大学 看護開発センター学校連携出前講座担当
FAX:0157-61-3125
E-mail:gakkoudemae@rchokkaido-cn.ac.jp

[Word版]

新型コロナウイルス感染症防止の対策について

  • 学校連携出前講座の実施につきまして、感染症防止の対策に関して十分にご配慮ください。
  • ○感染リスクが高いと考えられる3つの条件(いわゆる「3つの密」)を回避してください。
    • ①密閉空間(換気の悪い密閉空間である)
    • ②密集場所(多くの人が密集している)
    • ③密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)
  • ○受講者には、「マスクの着用」と「手指の消毒」を徹底させてください。
  • ○実施会場を「こまめに換気」してください。
  • ○発熱や咳があるなど体調の悪い方には、受講を控えていただくようご配慮ください。

開催案内作成について

「開催時の留意事項」の①、②の留意事項に対応した開催案内の見本がありますので、開催案内作成にご利用ください。

[Word版]

お申込から実施までの流れ

step 1
  1. 「学校連携出前講座一覧表」よりテーマを選択してください。
  2. 「学校連携出前講座申込書(所定様式)」及び「新型コロナウイルス感染症防止対策の調査票
    (所定様式)」を提出してください(実施希望日の2ヶ月前まで)。
  3. 遠隔(リモート)を希望する場合、本大学学校連携出前講座担当にご相談ください。
  4. 「学校連携出前講座申込書」及び「新型コロナウイルス感染症防止対策の調査票」を記入し、
    郵便またはFAX・メール送信にて提出してください。
提出先: 〒090-0011北海道北見市曙町664番地1
日本赤十字北海道看護大学 看護開発センター学校連携出前講座担当
FAX:0157-61-3125
E-mail:gakkoudemae@rchokkaido-cn.ac.jp
step 2
  1. 本大学にて講演者を派遣することが可能かどうか判断します。
  2. 実施することになりましたら、講演者から依頼者様に連絡し、実施内容(題目、日時等)の詳細について確認・調整します。
step 3実施内容が確定後、「学校連携出前講座決定通知書」を送付します。
 
step 4依頼者様にて受講者募集等の広報活動及び開催準備をしてください。
※開催案内およびリーフレットなどの配付資料に「この講演会は、日本赤十字北海道看護大学の学校連携出前講座を利用しています。」と明記してください。開催案内などの配付資料を作成し、必ず提出してください。遠隔(リモート)で実施する場合、必要機材は依頼者様に準備をお願いいたします。
step 5学校連携出前講座を実施します。
※日本赤十字北海道看護大学の学校連携出前講座であることを受講生にお伝えください。
step 6「実施報告書(所定様式)」と実施様子の写真3枚程度を実施後2週間以内に提出しください。
写真の提出が難しい場合は、本大学学校連携出前講座担当にご相談下さい。
[Word版]

お申込先・お問い合わせ先

日本赤十字北海道看護大学 看護開発センター学校連携出前講座担当
〒090-0011 北海道北見市曙町664番地1
TEL:0157-66-3311(代)
FAX:0157-61-3125
E-mail:gakkoudemae@rchokkaido-cn.ac.jp