日本赤十字北海道看護大学

入試情報
看護学部

学納金・奨学金

学納金

初年次学納金

年間納付金額 入学申込手続時 前期(4月中) 後期(10月中) 年額
入学金 450,000円 450,000円
授業料 600,000円600,000円 1,200,000円
実験実習料 150,000円 150,000円
維持運営費 150,000円 150,000円
450,000円 900,000円 600,000円 1,950,000円

※このほかに、1年次に後援会費、各学年次ごとに教科書代等が必要となります。

2年次以降学納金

年間納付金額 前期(4月中) 後期(10月中) 年額
授業料 600,000円 600,000円 1,200,000円
実験実習料150,000円 150,000円
維持運営費 150,000円 150,000円
900,000円 600,000円 1,500,000円

※保健師国家試験受験資格取得コース(定員19名)を選択した場合は、保健師教育履修料として4年次4月に200,000円が必要になります。

特待生制度

本学では、一般入学試験の成績が優秀な学生2名に対し、特待生として初年度の年間授業料半額(60万円)を免除します。また、入学後の成績が優秀な2年次以降の学生に対し、学年ごとに年間授業料の一部を免除します。

  学年 対象人数 免除額(1名あたり) 摘要
入学時特待生 1年次対象
年間授業料の半額を免除します
1年次 2名 600,000円 一般入学試験の
成績上位者
特待生 2年次以降対象
年間授業料の一部を免除します
2~4年次 12名
(各学年4名)
300,000円 前年度の
成績上位者

奨学金制度

本学は、奨学金希望者全員への貸与を目指しています。在学生の88%が奨学金を利用しています。

奨学金の利用割合と利用状況

在学生の奨学金利用割合(令和元年度実績)
在学生の奨学金利用割合

奨学金の種類

日本赤十字社の奨学金

日本赤十字社北海道支部管内奨学金(令和元年度実績)
施設 貸与金額(年額) 利子 貸与期間 返還 貸与資格
北見赤十字病院 600,000円 なし 修学期間
(休学・留年期間は除く)
卒業後、直ちに貸与を受けた赤十字病院において、貸与期間以上勤務した場合に、返還が免除される 本学卒業後、北海道内の奨学金貸与を受けた赤十字病院に、看護師、保健師、助産師として就業する意思がある者
旭川赤十字病院 600,000円
函館赤十字病院 600,000円
栗山赤十字病院 840,000円
釧路赤十字病院 840,000円
伊達赤十字病院 840,000円
清水赤十字病院 780,000円
置戸赤十字病院 1,020,000円
小清水赤十字病院 1,200,000円
浦河赤十字病院 1,200,000円
北海道外の赤十字施設奨学資金
施設 貸与金額(年額) 利子 貸与期間 返還 貸与資格
北海道外の赤十字病院 600,000~1,200,000円(希望病院により異なる) なし 4年以内 卒業後、直ちに貸与を受けた赤十字施設において一定期間継続して勤務した場合に返還が免除される 本学卒業後、北海道外の貸与を受けた赤十字施設に就業する意思がある者

日本学生支援機構奨学金

種 類 貸与金額(月額) 利子 貸与期間 返還 貸与資格
日本学生支援機構
第1種奨学金
自宅通学:20,000円~40,000円
(1万円単位)又は最高月額54,000円
自宅外通学:20,000円~50,000円
(1万円単位)又は最高月額64,000円
なし 修業年限 20年以内に返還。返還回数は貸与金額により異なる 人物・学業共に優れ、かつ、健康であって、経済的な理由のために修学困難な者
日本学生支援機構
第2種奨学金
20,000円~120,000円(1万円単位)から選択 あり

その他の奨学金

種 類 貸与金額(月額) 利子 貸与期間 返還 貸与資格
北見市大学生奨学資金 600,000円を限度
に希望する額
なし 4年以内 卒業後10年以内 北見市に所在する大学に在学する学生であって経済的な理由により修学することが困難な者
北海道看護職員養成修学資金 384,000円 なし 関係条例・規則等に定める特定施設に5年以上就業した場合は返還が免除される 看護職員(看護師、保健師、助産師)になるため養成施設に在学し、将来北海道内の病院その他の施設で看護職員の業務に従事しようとする者
北海道看護協会奨学金 360,000円 なし 貸与期間に6ヵ月を加えた期間以内 北海道内において、看護活動にたずさわるために看護教育を受ける者
北海道厚生連奨学金 480,000~600,000円
(希望病院により異なる)
あり 卒業後、貸付期間相当を北海道内の厚生病院(札幌、旭川を除く)で勤務した場合に返還が免除される 看護大学、看護系短大、専門学校へ進学する者
地方公共団体(市町村)の奨学金 市町村により異なります。

奨学金利用例

※奨学金は一部条件により返還免除されるものもありますが、原則として必ず返還しなければならないものです。卒業後の返還のことも考え、計画的に借りるようにしてください。

※状況説明のための一例です。実際の申込み時の諸条件等、詳しい内容は本学へお問い合わせください。

奨学金利用例

日本赤十字社北海道支部管内奨学金については、貸与期間以上勤務した場合に返還が免除されます。

1ヵ月平均支出金額

(平成30年度学生生活実態・満足度調査より抜粋)

1ヵ月平均支出金額

奨学金利用・申請の流れ

奨学金利用・申請の流れ

日本赤十字社北海道支部管内奨学金 Q&A

Q1. 推薦で入学が決まりましたが、入学前に奨学金を申込むことは可能ですか?
A1. 入学式後に各病院による奨学金説明会が行われ、その後から申込が開始されるので、入学後になります。
Q2. 奨学金は入学後の何月頃から貸与が始まりますか?
A2. 貸与開始時期は病院により異なりますが、概ね貸与決定後の6~8月頃になります。
Q3. 返還免除に条件はありますか?
A3. 卒業後、直ちに貸与を受けた赤十字病院において、貸与期間以上勤務した場合に、返還が免除されます。
Q4. 他の奨学金と併用することは可能ですか?
A4. 併用可能です。但し併用できない奨学金もありますので詳細は大学にお問い合わせください。
Q5. 奨学金で入学金を払うことはできますか?
A5. 奨学金の募集は全て入学後に行われるため、入学金に充てることはできません。
Q6. 奨学金を希望した全ての人が貸与を受けられますか?
A6. 毎年多くの学生が貸与を受けていますが、各病院に貸与枠があること、また、面接等による選考(内容は病院により異なります)もあるため、必ず貸与を受けられるわけではありません。